×

【食中毒】静岡・伊豆市の旅館で料理を食べた宿泊客84人の内26人が下痢や発熱…患者からカンピロバクター検出 県は当面の営業禁止を命じる

2023年11月2日 18:31
【食中毒】静岡・伊豆市の旅館で料理を食べた宿泊客84人の内26人が下痢や発熱…患者からカンピロバクター検出 県は当面の営業禁止を命じる

静岡県は2日、伊豆市の旅館で食中毒が発生したと発表しました。この旅館に宿泊した26人の宿泊客が下痢や発熱などの症状を訴えています。

食中毒が発生したのは伊豆市土肥にある「碧き凪ぎの宿明治館」です。県によると10月21日と22日にこの旅館で提供された料理を食べた84人の宿泊客の内、26人が下痢や発熱を訴えたということです。いずれの患者も症状が似ていることやカンピロバクタ―が検出されたことなどから県は食中毒と断定しました。患者の年齢は2歳から87歳で現在は回復に向かっているということです。県はこの旅館に対し、11月2日から当面の間、営業禁止を命じました。

    静岡第一テレビ
    • Daiichi-TV NEWS NNN
    • 【食中毒】静岡・伊豆市の旅館で料理を食べた宿泊客84人の内26人が下痢や発熱…患者からカンピロバクター検出 県は当面の営業禁止を命じる