×
  • STV NEWS NNN
  • 漂着した魚は数千トン規模 海岸に大量のイワシ 処理のめど立たず 北海道函館市

漂着した魚は数千トン規模 海岸に大量のイワシ 処理のめど立たず 北海道函館市

2023年12月8日 11:35
漂着した魚は数千トン規模 海岸に大量のイワシ 処理のめど立たず 北海道函館市

北海道函館市の海岸で7日、大量のイワシが打ち上がっているのが見つかった問題で、一夜明けた8日も処理に向けためどが立たず、市などは状況の確認を続けています。

(東海林記者)「大量のイワシが打ち上がってから一夜明けた函館市の海岸です。改めて見ると海が濁っているのがわかります」

函館市によりますと、打ち上げられたのは主にイワシで、範囲はおよそ1.5キロ、その量は数千トン規模に及ぶとみられます。

8日も海岸では市の職員が流れ着いた範囲を計測するなど状況を調査していました。

市と道は7日、死んだ魚の処分方法や今後のスケジュールなどについて協議しましたが、魚の量が膨大なため結論は出ませんでした。

今後も協議を続けるということです。

    ©STV The Sapporo Television Broadcasting Co.,Ltd.

    本サイトに掲載されている写真・画像・文章等について、無断で複写・複製・転載・加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象となる場合があります。

    ©STV The Sapporo Television Broadcasting Co.,Ltd.