×

1月の有効求人倍率1.41倍で高水準を維持 「物価上昇などが雇用に与える影響を注視」 大分

2024年3月12日 12:35
1月の有効求人倍率1.41倍で高水準を維持 「物価上昇などが雇用に与える影響を注視」 大分

大分県内のことし1月の有効求人倍率は1.41倍で、3か月連続で同じとなり、高水準を維持しています。
一方、求人には減少傾向がみられるということで、大分労働局では物価の上昇などの影響を注視したいとしています。

大分労働局によりますと、県内のことし1月の有効求人倍率は1.41倍でした。
3か月連続で同じとなり、引き続き高水準を維持しているということです。
ハローワーク別では大分が最も高く1.80倍、最も低かったのは別府の1.19倍でした。

産業別の新規求人数は前の年の同じ月よりもサービス業や建設業などで増えました。
一方、製造業では減少していて、ダイハツ九州の生産停止が影響したとみられるということです。

大分労働局によりますと、今回は求人にわずかながら減少傾向がみられるということで、「物価の上昇などが雇用に与える影響について、注視したい」と話しています。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • 1月の有効求人倍率1.41倍で高水準を維持 「物価上昇などが雇用に与える影響を注視」 大分