×

製鉄所の溶鋼鍋で人骨のようなもの見つかる 30歳の男性従業員が行方不明 関連を捜査 大分

2024年5月14日 18:24
製鉄所の溶鋼鍋で人骨のようなもの見つかる 30歳の男性従業員が行方不明 関連を捜査 大分

14日午前、大分県大分市西ノ洲の日本製鉄九州製鉄所大分地区の溶鋼鍋の中から人骨のようなものが見つかりました。
製鉄所では30歳の男性従業員の行方が分からなくなっていて、警察が関連を調べています。

警察によりますと14日午前7時過ぎ製鉄所から「男性従業員の姿が見えなくなった」と110番通報がありました。
警察が捜査したところ、溶鋼鍋の中から人骨のようなものが見つかりました。

溶鋼鍋は直径およそ5メートル深さ4メートルほどで、内部の温度は1000度以上あるということです。
行方不明の30歳の男性従業員は溶鋼鍋がある場所を持ち場としていて、13日夜から勤務していましたが、退勤は確認できていないということです。

警察は人骨のようなものはこの男性である可能性が高いとみて、身元の特定を急いでいます。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • 製鉄所の溶鋼鍋で人骨のようなもの見つかる 30歳の男性従業員が行方不明 関連を捜査 大分