×

大気の状態不安定 昼過ぎまで暴風や高波に警戒を JRなど交通機関にも影響 大分

2024年3月20日 12:42
大気の状態不安定 昼過ぎまで暴風や高波に警戒を JRなど交通機関にも影響 大分

大気の状態が不安定になっている影響で大分県内には現在、暴風と波浪の警報が出されています。

気象台によりますと、20日の県内は強い寒気の流れ込みの影響で、大気の状態が不安定になっています。
県の北部と由布市を除く中部に暴風と波浪の警報が出されているほか、佐伯市にも暴風警報が出されています。
午前10時までに観測された最大瞬間風速は豊後高田市で24.4m、国東市武蔵で21.6mなどとなっています。

気象台では20日昼過ぎまで暴風や高波に警戒するよう呼び掛けています。

一方、強い風の影響で、JR九州の日豊本線では運休や遅れが発生しています。
また、大分と四国を結ぶ国道九四フェリーが午前10時以降の便から欠航となっています。

最新の交通情報を確認するようご注意ください。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • 大気の状態不安定 昼過ぎまで暴風や高波に警戒を JRなど交通機関にも影響 大分