日テレNEWS
カルチャー
2013年2月12日 13:01

トーテン大村、入院ノブの返信にひと安心

トーテン大村、入院ノブの返信にひと安心
(c)NNN

 10日に未破裂左椎骨動脈解離と診断され、大阪市内の病院に入院した千鳥のノブ(33)に、トータルテンボスの大村朋宏(37)がメールでメッセージを送っていたことを明かした。

 スペイン・バルセロナでサッカーを観戦していたという大村は、インターネットのニュースで入院を知ったという。

 11日午後11時ごろ、ツイッターで「心配になりすぐにノブに『大丈夫か?』とメールすると、ノブからすぐ返信が来た。が、のんきに『メッシのゴール見たんすか!?』じゃねーよ!見たよ!見たけど今はメッシのゴールよりノッブの状態だろ!ただ、大丈夫そうで安心したぜ」とノブとのやりとりを記している。