日テレNEWS
カルチャー
2022年6月13日 22:10

玉木宏 「どう猛な恐竜がでてきた場合…」 恐竜との共存について考える

玉木宏 「どう猛な恐竜がでてきた場合…」 恐竜との共存について考える
『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のイベントに登場した玉木宏さん

俳優の玉木宏さん(42)や木村佳乃さん(46)が13日、日本語吹き替えを担当した『ジュラシック』シリーズ最新作のイベントに登場し、“恐竜トーク”を繰り広げました。

世界での興行収入が累計5000億円以上を記録している『ジュラシック』シリーズ。完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日全国公開)では、世界中に解き放たれた恐竜たちが至る所に住みついた姿が描かれます。

イベントでは恐竜研究家・恐竜くんをまじえて、“もしこの世界に恐竜がいたらどうすればいいのか”という話題に。

玉木さんは「どう猛な恐竜がでてきた場合、暗くしたり息を潜めたりしていれば、存在はバレないですむんですか?」と質問。それに対し、恐竜くんは、「リアルな恐竜で考えると、あまりおすすめはしない」と回答。その理由として、「知能よりも脳が大きい恐竜は嗅覚や聴覚、視覚が発達してて鼻がきいてしまうので」と、あまり効果的ではないことを明かしました。

また、恐竜の生態を知った木村さんは、「共演してくださいって言われたら…。撮影中引っかかれたら、そこからうんで、大量の抗生物質が必要になるかもしれない。すみません(笑)」と、想像をふくらませていました。