日テレNEWS
カルチャー
2019年8月16日 20:55

金魚絵師・深堀隆介さん「美を再発見して」

金魚絵師・深堀隆介さん「美を再発見して」
(c)NNN

金魚絵師の深堀隆介さんが16日、東京・すみだ水族館でトークショーを行った。

同所では現在、昭和の雰囲気漂う展示空間で金魚鑑賞に浸ることができる「東京金魚ワンダーランド2019」を開催中。
この日から会場内で、深堀さん監修の新展示「金魚〇(LOVE)展」(〇はハートマーク)が始まった。

深堀さんは「普段、どこにでもいるような金魚が、演出することでキレイなものになる。身近にいるものがこんなに美しいということを再発見してほしい。身近なものの“美”を再発見してほしい」とアピール。
司会者から「金魚を作品の題材としたきっかけは?」と質問されると、深堀さんは「作家として歩み始めて、作品も売れなくて自信をなくすんです。『アーティストを辞めてやろう!』って思った時があったんです。その時にぞんざいに扱っていた(金魚の)ワキンが一匹(目に入った)。美しく感じたんですよ。それまでなんとも思っていなかったのに、ドキッとしたんです」と説明した。