日テレNEWS
カルチャー
2021年4月8日 18:42

坂上忍&くっきー!コラボ絵本がアニメ映画

坂上忍&くっきー!コラボ絵本がアニメ映画
(c)NNN

タレントの坂上忍さんとお笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!さんがコラボレーションした絵本『リクはよわくない』(2020年4月発刊)がアニメーション映画として2021年秋に公開されることが、9日発表されました。

坂上さんの愛犬リクとのかけがえのない日々を絵本として書き下ろし、くっきー!さんが挿絵を描いた絵本で発行部数2万2000部を突破した人気作品です。


■坂上「動物たちをかわいがるきっかけになれば」

今回の映画化に坂上さんは「ある番組のロケで、幼稚園で絵本の読み聞かせをしたとき、目をキラキラさせながら一生懸命聞いてくれる子どもたちの姿を見て、動物と一緒に暮らす喜びや大変さを、絵本を通してなら伝えられるんじゃないかと思いました。こんな後悔を抱えたおじさんが書いた物語ですが、どうかこの映画が動物たちを可愛がってくれるきっかけになれたらいいなと思います」と話してくれました。


■「ハンカチーフの用意をしてほしい」とアピール

一方のくっきー!さんは「ハンカチーフの用意をしてほしいですね。(泣き)じゃくりますよ。絵本のストーリーを読んだ時点で泣きじゃくりました。目から水分がすごく出て身体がカスカスになりました。高野豆腐を湯がく前のようなね。そのあと風呂に入ったらすぐに戻りましたけど…。なので、映画を観るときは大きめのバスタオルの準備とお風呂を沸かした状態で観に行ってほしいですね。」と笑いを交え話していました。


アニメ映画『リクはよわくない』(c)坂上忍/くっきー!/インプレス/MMDGP/リクはよわくない製作委員会 配給:東京テアトル/チャンスイン