日テレNEWS
経済
2012年3月9日 17:18

南極海での今季の調査捕鯨を終了~農水省

 農水省は9日、反捕鯨団体による妨害が続いている南極海での今シーズンの調査捕鯨を終了したと発表した。

 これは鹿野農水相が9日の閣議後の記者会見で明らかにしたもので、南極海での調査捕鯨は、当初900頭の捕獲を目標としていたが、実際に捕獲できた鯨は3分の1以下の267頭にとどまったという。

 ここ数年、日本の南極海での調査捕鯨に対し、反捕鯨団体「シー・シェパード」が妨害活動を続けているが、今シーズンも、10回以上にわたり、発煙筒を投げるなど調査船団への妨害が行われた。農水省によると、乗組員の安全確保の観点から調査海域の変更を余儀なくされ、捕獲目標を下回る結果になった。

 農水省は今回の経験を踏まえて、来年度の調査捕鯨に向けて安全対策の見直しや調査計画について検討することにしている。