日テレNEWS
経済
2017年1月31日 15:57

セブンイレブン 病欠のバイトから罰金とる

 セブン-イレブンの店舗が風邪で休んだアルバイト店員から罰金をとっていたことが分かった。

 セブン&アイ・ホールディングスによると今月26日、東京・武蔵野市の加盟店でアルバイトとして働いていた16歳の女子高校生が風邪で2日間欠勤したとして9350円の罰金をとっていたという。

 給与明細では実際に働いた25時間分の給料2万3375円が書かれていたが、そこから9350円が差し引かれ手書きで「ペナルティー」などと書かれたメモが貼られていたという。店側は「休む代わりに働く人を探さなかったペナルティー」と説明したという。

 セブン&アイ・ホールディングスは労働基準法違反に当たると判断し店に返金を指示。「大変申し訳ない。法令順守を徹底します」としている。