日テレNEWS
経済
2018年6月5日 7:09

NYダウ 欧州株高など受け178ドル上昇

4日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、アジアやヨーロッパの市場で上昇した流れを引き継いでハイテク株を中心に買われた。ダウ平均株価は178ドル余り値を上げて取引を終えている。

4日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、前週の終値から178ドル48セント値を上げ2万4813ドル69セントで取引を終えた。ハイテク株が中心のナスダック総合指数も52.13ポイント上げて7606.46と過去最高値で取引を終えている。

1日に発表された5月の雇用統計でアメリカの景気の拡大基調が確認されたとの見方が広がり、アジアやヨーロッパの主要市場で株価が上昇した流れを引き継いだ形。また、開発者向けの会議で新技術を発表したアップルに加え、企業買収を発表したマイクロソフトなどハイテク株も軒並み買われ、市場をけん引した。

一方、2日に閉幕したG7(=主要7か国)の財務相・中央銀行総裁会議では、アメリカが発動した鉄鋼などの輸入制限について議長総括で「疑念と失望」が示されている。今週末にはG7首脳会議が予定されていて、市場関係者は「アメリカと各国の間で貿易摩擦につながりかねない結果になれば、市場に悪影響を与える」と話している。