×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • メーン州“銃乱射”容疑者の男、銃で自殺図ったか かつての勤務先の近くで遺体発見…米報道

メーン州“銃乱射”容疑者の男、銃で自殺図ったか かつての勤務先の近くで遺体発見…米報道

2023年10月28日 15:17

アメリカ北東部メーン州で18人が死亡した銃乱射事件で、地元当局は27日、行方を追っていた容疑者の男が遺体で発見されたと明らかにしました。

メーン州ルイストンのボウリング場とレストランで25日夜に起きた銃乱射事件では、14歳から76歳の18人が死亡しました。

当局は27日、会見を開き、行方を追っていた陸軍予備役兵のロバート・カード容疑者が、川のそばで遺体で発見されたと明らかにしました。銃で自殺を図ったとみられています。

当局は当初、カード容疑者が事件現場から武装したまま逃走したとみて、これまで関係先の住居に加え、近くの森や川など大規模な捜索を行っていました。

アメリカメディアによると、発見場所はカード容疑者のかつての勤務先の近くだということです。カード容疑者に精神疾患があったということですが、今回、犯行に至った動機などはわかっていません。