日テレNEWS
国際
2022年5月16日 13:57

北朝鮮で新たに39万人発熱…韓国・尹大統領「必要な支援惜しまない」初の施政方針演説で言及

北朝鮮で新たに39万人発熱…韓国・尹大統領「必要な支援惜しまない」初の施政方針演説で言及

新型コロナウイルスの感染者を認めた北朝鮮の金正恩総書記は、医薬品が住民に行き届いていないとして関係部門を強く批判しました。

北朝鮮メディアは、15日午後6時までの1日で新たに39万人あまりの発熱者が確認され、累計で121万人以上が発熱したと伝えました。死者も50人に増えています。

金正恩総書記は15日に行われた感染対策についての会議で、「医薬品が薬局を通じて住民に正確に行き届いていない」として、内閣や保健医療部門を強く批判しました。その上で、平壌の医薬品供給を安定させるため軍の医療部門の動員を命じています。

その後、金総書記は直接、薬局を視察。「陳列場所以外に薬を保管する場所もなく、販売員の服装も整えられていない」と衛生環境の問題を指摘しました。

国営テレビは午前9時から異例の放送を開始し、発症した人たちのインタビューなども交え、警戒を呼びかけています。

一方、韓国の尹錫悦大統領は初めての施政方針演説を行い、「ワクチンを含む医薬品や保健人材などの必要な支援を惜しまない」と述べ、北朝鮮当局が応じるなら支援する方針を改めて示しました。