日テレNEWS
国際
2011年12月5日 2:29

ミャンマー 政治集会認める法律が成立

 政府が民主化に取り組み始めたミャンマーで、これまで禁じられていた政治集会などを認める法律が成立した。

 地元メディアの5日までの報道によると、テイン・セイン大統領は今月2日、政治集会やデモを認める法案に署名した。ミャンマーでは88年の民主化デモ以降、5人以上の集会は禁じられてきたが、今回の法律の成立により、5日前までに当局に届け出をすれば原則的にデモや集会が可能となる。

 ミャンマー情勢をめぐっては、先週、アメリカ・クリントン国務長官が外交トップとして56年ぶりにミャンマーを訪問し、一層の民主化を求めたばかりで、ミャンマー政府が早速、これに応え、民主化への姿勢をアピールした形。