日テレNEWS
国際
2014年8月31日 18:12

追加制裁含め緊密に連携~米ホワイトハウス

 EU(=ヨーロッパ連合)はウクライナ東部にロシア軍が侵入したとされることについて、ロシアへの追加制裁案を1週間以内に準備することで合意した。

 EUは30日に開いた首脳会議でウクライナ東部の情勢などを巡り議論した。終了後に出された文書は「ウクライナ東部でのロシア軍による攻撃」を非難し、直ちに兵力を撤退させるよう求めた。その上で、ロシアへの追加制裁の具体案を1週間以内に準備することで合意した。ロシアが緊張緩和に向けた行動を取らない場合、追加制裁を科す方針。

 これについて、アメリカのホワイトハウスは「歓迎する」声明を出した。「ロシアの責任を明確にするために、EUや他の友好国と追加の制裁を含め、緊密に連携していく」としている。