日テレNEWS
国際
2018年11月16日 14:01

国連 北朝鮮の人権侵害非難決議案を採択

国連の委員会は15日、日本人拉致を含む北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を採択した。

この決議は、日本とEU(=ヨーロッパ連合)が人権問題を扱う委員会に共同で提出したもの。決議案は北朝鮮の人権侵害を非難するもので、14年連続の提出となる。今年は日本人拉致事件が長引いていることから、一刻も早い解決の必要性をより強調する内容となった。

別所国連大使「長年、拉致被害者と家族が経験したとてつもない悲しみと苦しみを考慮し、喫緊の問題であると強調し、拉致被害者の即時帰国を呼びかける」

北朝鮮、キム・ソン国連大使「この決議案は違法で、政治的な動機に基づいている我々は断固として拒否することを改めて明確にする」

北朝鮮は途中退席し、中国やロシアも採決には参加しなかったが、大多数の支持で採択され、来月の国連総会の本会議で正式採択される見通し。