日テレNEWS
国際
2018年12月22日 17:15

韓国政府 照射当日「北朝鮮船を救助」

海上自衛隊の哨戒機が韓国軍の艦艇から射撃の際に使用する、「火器管制レーダー」の照射を受けた問題で、韓国政府は、レーダーの照射があった日に、北朝鮮の船を救助していたと発表した。

韓国統一省は22日、レーダーの照射問題が起きたのと同じ20日、日本海の公海上で、北朝鮮の船1隻を発見し、乗組員3人を救助、1人の遺体を収容していたと発表した。

韓国メディアでは、軍の駆逐艦が北朝鮮の遭難船を捜索するため、レーダーを稼働していたと報じられていて、今回の発表は、韓国側の主張を改めて強調した形。