日テレNEWS
国際
2022年4月13日 0:57

仏邦人不明 元交際相手のチリ人男に禁錮28年

仏邦人不明 元交際相手のチリ人男に禁錮28年

6年前、フランスで、日本人女子留学生が行方不明になった事件の裁判で、殺人の罪に問われている元交際相手のチリ人の男に対し、裁判所は、禁錮28年の実刑判決を言い渡しました。

ニコラス・セペダ被告は6年前、フランス東部のブザンソンで、留学していた元交際相手の黒崎愛海さんを計画的に殺害したとされています。

検察側は、セペダ被告に対し、新しく交際相手ができた黒崎さんへの嫉妬などから犯行に及んだとして、最高刑の終身刑を求刑していました。

セペダ被告は12日、改めて無罪を主張しましたが、ブザンソンの裁判所は、禁錮28年の実刑判決を言い渡しました。理由は述べていませんが、年齢や初犯であることなどが考慮されたとみられます。

判決を受け、黒崎さん側の弁護士は、「家族は非常に安堵(あんど)している」とコメントしています。

一方、セペダ被告の弁護士は、控訴するかについて明らかにしませんでした。