日テレNEWS
国際
2021年11月20日 1:20

オーストリア 週明けから再びロックダウン

オーストリア 週明けから再びロックダウン
(c)NNN

オーストリア政府は19日、新型コロナウイルスの感染状況が急速に悪化する中、週明けから再びロックダウンを実施すると発表しました。

オーストリアでは、22日から可能な限り自宅での仕事を求められるほか、通学や生活必需品の買い物などを除く不要不急の外出が禁じられます。

これまではワクチンの未接種者に対し外出を制限していましたが、19日には一日あたりの感染者数が過去最多を記録するなど感染の拡大が続く中、規制の対象を全ての人に拡大したかたちです。

この秋、EU(=ヨーロッパ連合)内で全国的なロックダウンが再び導入されるのは初めてです。

ロックダウンは最大で20日間続き、それ以降は対象を未接種者のみに戻す予定です。また、政府は、「未接種者による感染拡大が大きな負担になっている」として、来年2月1日からワクチンの接種を義務化する方針を示しました。未接種者には罰金も科すということです。