×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 習近平氏 きょう国家主席に再選の予定 批判の芽摘もうと監視強まる

習近平氏 きょう国家主席に再選の予定 批判の芽摘もうと監視強まる

2023年3月10日 1:34

中国では10日、全人代(=全国人民代表大会)で、習近平氏が国家主席に再選される予定です。3期目の体制作りが進められる中、政権批判の芽を摘もうと、市民への監視が強まっています。

習近平氏は10日に正式に国家主席に選ばれるほか、11日には側近も首相に就任し、3期目の体制が整います。こうした中、当局は市民への監視を強めています。

弾圧された人々を支援してきた人権派の元弁護士・王全璋さんの自宅は、全人代開幕と共に監視が強化されました。子どもを学校に送る際も、男らに取り囲まれたといいます。

王さん「なぜこんなに人が? きょうは何がある日なの?」

地下駐車場にも監視役が配置され、外国人記者と接触しないかなどを警戒しているとみられます。

人権派元弁護士・王全璋さん「(当局は)自分たちの既得権益や統治利益を守っていくしかない。今の国の司法制度では、社会に存在している矛盾を解決することができない」

王さんは、今回の全人代期間中は、これまでにはない厳しい監視が続いていると話しています。

習政権3期目の発足を前に、中国当局は異論の声が表面化しないよう、徹底的におさえこむものとみられます。