日テレNEWS
国際
2022年5月20日 10:03

米・オクラホマ州議会“全米で最も厳しい中絶法”可決 ほぼすべての中絶禁止に

アメリカのオクラホマ州議会は19日、卵子が受精したあとのほぼすべての中絶を禁止にする“全米で最も厳しい”法案を可決しました。

オクラホマ州議会下院は19日、レイプや近親相姦などの場合をのぞいて、卵子が受精したあと出生まで、ほぼすべての人工中絶を禁止する法案を可決しました。

妊娠6週目以降の中絶を禁止しているテキサス州よりもさらに踏み込んだ内容で、アメリカメディアは、全米で最も厳しい中絶法だと伝えています。

法案ではさらに、中絶を行うクリニックや中絶の手助けをする人に対して訴訟を起こすことを認めるとしています。

法案は、オクラホマ州知事が署名すればただちに施行される見通しです。

法案について、ホワイトハウスのジャンピエール報道官は声明で、「女性の基本的な権利を覆そうとする、これまでで最も極端な試みだ」と非難しています。