×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 岸田首相が寺田総務相を更迭「任命責任を重く受け止めている」 後任には松本元外相を起用の方針

岸田首相が寺田総務相を更迭「任命責任を重く受け止めている」 後任には松本元外相を起用の方針

2022年11月20日 22:17

岸田総理大臣が、政治資金をめぐる問題を相次いで指摘されていた寺田総務大臣を更迭しました。後任に、松本剛明元外務大臣を起用する方針です。

寺田総務大臣「私の政治資金をめぐる問題が(国会審議の)差し障りになってはいけないというふうなことで、辞表を出させていただき、総理に受理をしていただいた」

寺田氏は辞任のタイミングについて、衆議院の「1票の格差」を是正するため小選挙区を「10増10減」する法律が成立したことを挙げ、「けじめをつけた」と説明しました。

岸田総理「国会中、相次いで閣僚が辞任することとなり、深くおわびを申し上げます。私自身、任命責任を重く受け止めております」

岸田総理は、「国民の厳しい批判を真摯に受け止めながら、内閣として一層の緊張感を持って、政権運営に当たっていく」と語りました。

山際氏、葉梨氏に続き1か月で3人の閣僚が辞任する事態となり、岸田政権にとってさらなる大きな打撃となります。寺田氏の後任の総務大臣には、松本元外務大臣を起用する方針です。

一方、立憲民主党の泉代表は、「辞任は遅すぎであり、岸田総理の決断力、指導力を疑わざるを得ない。大臣辞任が3人に至ったことは総理の人事管理力の無さと、任命責任が問われる」などと厳しく批判しています。