日テレNEWS
政治
2015年7月9日 3:45

民・維が“対案”安保関連法案をめぐり攻防

民・維が“対案”安保関連法案をめぐり攻防
(c)NNN

 安全保障関連法案をめぐる攻防が続いている。

 政府与党は来週15日にも法案を採決したい考えだが、こうした中、民主・維新両党は8日、対案として領域警備法案を国会に提出し、審議入りした。

 民主・維新両党が共同提出した領域警備法案は、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」に迅速に対応するためのもの。政府与党は、安保関連法案を来週15日にも衆議院の特別委員会で採決したい考えだが、民主党と維新の党は対案の徹底審議を求めており、早期の採決には反対していく構え。

 こうした中、安倍首相は8日夜も、自民党のインターネット番組に出演した。

 安倍首相「戦争で国民を守るよりも、抑止力で国民を守っていく」

 出演は3日連続となるが、安倍首相としては、自ら説明する事で少しでも法案への理解を深めたい考え。