日テレNEWS
政治
2017年7月6日 18:24

日EU貿易交渉 正式に大枠合意へ

日EU貿易交渉 正式に大枠合意へ
(c)NNN

 ベルギーを訪問中の安倍首相は6日、EU(=ヨーロッパ連合)のトゥスク大統領と会談し、日EUのEPA(=経済連携協定)について正式に大枠合意する。

 今回の合意で、世界全体のGDPの3割近くをカバーする巨大な自由貿易圏が誕生することになる。5日までの交渉で焦点となっていたチーズの輸入関税は、一定枠を設けて15年間で撤廃することで合意した。また、EUが日本の乗用車にかけている関税は7年かけて撤廃される。

 経済連携協定はこの後、両首脳が正式に大枠合意し、共同で発表する運び。

 難航したように見えた今回の交渉だが、関係者は合意の枠組みが3週間前には、ほぼ整っていたことを明かしている。合意に向けて突き進んだ背景には、双方に「焦り」があった。

 イギリス離脱で揺れるEUは、EU残留のメリットをアピールする狙いがあり、一方の安倍首相は支持率が急落する中、外交で失点を回復したい思惑があった。

 日本とEUは、今回の合意を基に7日からのG20首脳会議で保護貿易主義を掲げるアメリカのトランプ大統領をけん制したい考え。