日テレNEWS
政治
2018年1月17日 18:17

民進への政党交付金、去年の半額以下に

国が政党に助成する政治活動費、政党交付金について民進党は今年、去年の半額以下の約36億円を受け取る見通しであることがわかった。

政党交付金は国民1人あたり250円、総額約318億円を、国政選挙で獲得した票数と国会での議席割合をもとに政党に分配するもの。

今年、届け出たのは8政党で、この制度に反対する共産党は今回も届け出なかった。

今年1年の交付金を試算したところ、自民党は約175億円で最も多く、去年分裂した民進党は、去年より43億円あまり少ない約36億円と半額以下に落ち込んだ。

民進党の離党者を中心に新たに結成された立憲民主党は約28億円、希望の党は約30億円だった。その他、公明党は約29億円だった。日本維新の会は約13億円、自由党が約3億円、社民党が約4億円となっている。