日テレNEWS
政治
2018年3月8日 11:57

「前と同じ」“森友”コピー提出に野党反発

「前と同じ」“森友”コピー提出に野党反発
(c)NNN

森友学園の国有地売却問題で財務省が決裁文書を書き換えた疑惑をめぐり、財務省は8日朝、国会に文書のコピーを提出した。しかし、書き換えがあったかどうかは明らかにしなかった。国会記者会館から中村友美記者が伝える。

決裁文書の書き換えはあったのか。財務省は、「引き続き調査をする」と述べるのみで、野党側は「納得できない」と猛反発している。

財務省は8日朝、参議院予算委員会の理事会に現在、近畿財務局に保管されている決裁文書のコピーを提出したが、内容は以前、国会議員に示したものと同じだった。野党側は、書き換える前の文書があるのかないか明らかにするよう迫ったが、財務省は「引き続き調査をする」と述べるにとどまった。

立憲民主党・蓮舫参院国対委員長「これ以外ないんですねと明言してくれと言ったら、調査中ですと言われました。とっても納得できません」

民進党など野党4会派は財務省の対応に強く反発し、8日朝から参議院予算委員会を欠席している。

安倍首相「捜査優先はその通りでありますが、できるだけ早期に説明できるよう、財務省をあげて最大限努力をしてもらいたいと考えています」

こうした中、安倍首相は財務省に調査を急がせる考えを示したが、文書の書き換えがあったかどうか明らかにならない限り、野党の反発が収まる気配はない。