日テレNEWS
政治
2018年9月12日 14:14

日中首脳会談 安倍首相の来月訪中で調整へ

日中首脳会談 安倍首相の来月訪中で調整へ
(c)NNN

ロシア・ウラジオストクを訪問している安倍首相は、中国の習近平国家主席と会談し、安倍首相が来月にも中国を訪れる方向で調整を進めていくことで一致した。

今回の会談は、安倍首相の中国訪問という「本番」に向け、関係改善の流れを確認することに重きを置く会談だった。

安倍首相「“来月にも、私の中国訪問を歓迎する”との発言が(習主席から)ありました。(日中関係を首脳の往来で)まさに新たな段階におし上げていくことによって、北東アジアの平和と繁栄の礎を築き上げていきたい」

両首脳は、安倍首相の中国訪問を来月にも実現させる方向で、調整を進めていくことで一致したほか、習主席の日本訪問についても話し合った。習主席からは「留意する」との発言があったという。

同行筋は、「一歩一歩だが前に進んでいる」と述べている。首脳の相互訪問に向け、まず安倍首相の中国訪問に道筋をつけられたことは1つの成果とは言えそうだ。

一方、両首脳は北朝鮮問題についても話し合い、朝鮮半島の非核化の実現に向けて、緊密に連携していくことで一致した。安倍首相は「拉致問題の早期解決に向けた我が国の立場について、中国の完全な理解を得た」と強調した。

北朝鮮の後ろ盾で日本とは対応に温度差がある中国だが、非核化の実現や拉致問題解決に向けて協力を得られるのか。関係改善の先には新たな正念場が控えている。