日テレNEWS
社会
2012年3月17日 18:37

彼岸の入り、津波被害の墓地で供養 宮城

彼岸の入り、津波被害の墓地で供養 宮城
(c)NNN

 彼岸の入りの17日、東日本大震災で津波の被害を受けた宮城・石巻市の墓地で、震災で死亡した家族の供養に訪れる人の姿が見られた。

 石巻市門脇町の西光寺では、津波によって墓石が倒れるなどの被害を受けた。元通りになった墓もあるが、まだ多くの墓石が倒れたままとなっている。

 訪れた女性「(墓の)さお石だけ倒れたので、息子たちに直してもらった」

 訪れた人たちは花や線香を供えて、先祖や、震災の犠牲になった家族の霊を慰めていた。