日テレNEWS
社会
2015年2月14日 19:36

大内宿「雪まつり」始まる 福島・下郷町

大内宿「雪まつり」始まる 福島・下郷町
(c)NNN

 福島県下郷町では、冬の恒例となっている「雪まつり」が14日から始まった。

 下郷町にある大内宿は江戸時代に宿場町として栄え、当時の面影残すかやぶき屋根の民家がかつての街道沿いに並ぶ。雪まつりの初日は断続的に雪が降るあいにくの天気となったが、県内外から大勢の家族連れなどが訪れ、にぎわった。

 メーン会場では、赤や緑の団子を高さ8メートルのミズキの枝にさす「日本一の団子さし」が飾られた他、巨大なかまくらの上からまかれる商品券入りのみかんを拾い集める「具止餅拾い」なども行われ、タイムスリップしたような雪国の宿場町に歓声が響いていた。

 15日も開催される。