日テレNEWS
社会
2016年8月12日 10:35

日航機墜落から31年 遺族らが慰霊登山

日航機墜落から31年 遺族らが慰霊登山
(c)NNN

 520人が亡くなった日航機墜落事故から12日で31年を迎えた。群馬県上野村では遺族らが慰霊登山を行っている。

 登山道の入り口から30分ほど登ると、31年前、日航機が墜落した御巣鷹の尾根へ辿り着く。こちらでは午前7時前まで雨が降っていて、遺族らは少しぬかるんだ道を一歩、一歩、踏みしめながら尾根へと向かっていった。

 羽田発大阪行きの日本航空123便が墜落したのは、1985年8月12日で、乗客・乗員520人が亡くなった。12日は朝から遺族らが慰霊登山に訪れ、慰霊碑に手を合わせている。杖をつきながら約30分の道のりを何度も休憩しながら登る高齢の遺族の姿が印象的だった。

 長女を亡くした女性(82)「本当にあっという間に(31年間が)過ぎてしまいました。高いところへ行くと娘に近づけるような 気持ちがしまして」

 おじを亡くした男性(31)「直接的な遺族登れる方が減ってくると思うので若い人間が引き継いでいかなくてはいけない」

 午前10時半には、尾根に建てられた「安全の鐘」が鳴らされる。そして夕方にはふもとで慰霊式典が開かれる。