日テレNEWS
社会
2016年9月12日 16:19

両陛下、明治時代の養蚕施設を視察 山形

両陛下、明治時代の養蚕施設を視察 山形
(c)NNN

 天皇皇后両陛下は12日、山形で明治時代の養蚕施設を視察された。

 天皇皇后両陛下は12日、山形県鶴岡市にある松ヶ岡開墾場を訪問された。この場所は、明治維新の後、旧庄内藩の武士たちが荒れ地を開墾して養蚕業を興した場所で国の史跡となっている。

 両陛下は、蚕の飼育のための木造の「大蚕室」を視察し「武士は自活するために開墾を始めたわけですか?」などと質問されていた。鶴岡では今も絹の生産が続けられ、子供たちによる蚕の飼育体験も行われている。

 自ら養蚕を行う皇后さまは、女子高校生たちが生糸を使ってドレスを作り「シルクガールズ」という名前でファッションショーを行っていることを聞き、「高校生!まあ!」とうれしそうな表情を見せられていた。

 両陛下は12日夕方、東京に戻られる。