日テレNEWS
社会
2016年11月24日 10:26

関東甲信で初雪、平野部で積雪 ケガ人も

関東甲信で初雪、平野部で積雪 ケガ人も
(c)NNN

 関東甲信地方では24日、各地で初雪となり、平野部でも雪が積もっているところがある。東京で11月に初雪を観測するのは54年ぶり。

 上空に真冬並みの寒気が入っている関東甲信地方では、明け方から広い範囲で雪が降っている。東京の都心や神奈川県横浜市、山梨県甲府市などでは初雪。東京で11月に初雪を観測したのは1962年以来54年ぶり。

 午前9時現在、山梨県河口湖で15センチ、栃木県宇都宮と埼玉県熊谷などで2センチの積雪となっている。

 気温も午前9時現在、東京で1℃ちょうど、さいたまで0.5℃と厳しい冷え込みになっていて、日中にかけてもほとんど上がらない予想。

 また、この雪でケガ人が出ている。消防によると、さいたま市では、77歳の女性と24歳の女性が雪で足を滑らせ、腰などを打ち、2人とも軽傷だという。

 この雪は昼過ぎにかけて続き、関東地方の山沿いと甲信地方を中心に大雪となる見込み。25日朝までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、甲信地方と関東北部の山沿いで15センチ、関東平野部で5センチ、東京23区で2センチとなっている。気象庁は交通機関の乱れや路面の凍結に注意を呼びかけている。