日テレNEWS
社会
2018年11月16日 15:37

東京都 防災や暑さ対策92億円補正予算案

東京都の小池知事は、来年度の予算案の知事査定を行い、防災や暑さ対策が急務として、計92億円の補正予算案を発表した。

小池知事は、「今年は地震、風水害、猛烈な暑さと記憶が新しい。防災、暑さ対策、スピード感もって進めていきたい」と述べ、防災や暑さへの緊急対策として、合わせて約92億円の補正予算を組むことを発表した。

具体的には、地震による倒壊を防ぐため、都内の学校を中心としたブロック塀の撤去と木の塀の設置、暑さ対策では、学校の体育館への空調整備設置などに都が補助金を出すとしている。

特に公立小中学校の体育館への空調整備については、今年度適用される補助率を高く設定するなど、できるだけ多く来年の夏までに間に合わせたい考え。

補正予算案は来月の都議会定例会に提出し、審議される。