日テレNEWS
社会
2019年6月3日 21:38

大雨や氾濫を想定 埼玉県警が水害対応訓練

大雨や氾濫を想定 埼玉県警が水害対応訓練
(c)NNN

埼玉県警は大雨や川の氾濫などによる水害発生を想定した訓練を実施した。

3日、埼玉県志木市で埼玉県警が実施したのは、大雨や川の氾濫などで浸水被害が発生した時を想定した救出訓練。浮輪を投げ入れ、溺れている人を助ける訓練や、ゴムボートを使って救出する訓練が行われた。

埼玉県警では、2015年に茨城県常総市で発生した鬼怒川の堤防決壊をうけ、4年前から水害対応訓練を毎年実施していて、今年で5回目。

気象庁は今年の6月から8月の雨の量を全国的に「平年並みか多い」と予想し、関東でも集中豪雨が起きるリスクがあると説明していて、災害への警戒が呼びかけられている。