日テレNEWS
社会
2020年4月22日 2:56

生活困窮者支援へ プロジェクトチーム始動

新型コロナウイルスの感染拡大による生活困窮者を支援するため厚生労働省のプロジェクトチームが始動しました。

厚生労働省は、外出自粛や休業などが続く中、生活をする上で困難が増していくことが予想されることから「生活を守る」プロジェクトチームを立ち上げ、21日、1回目の会議が行われました。

生活困窮者がネットカフェにあふれたリーマンショックの時と比べると今回は、社員寮やネットカフェが閉鎖されていることなどから「仕事と住居を同時に失う可能性がある」と指摘しています。

厚生労働省が今月17日までに行ったヒアリング調査では、緊急小口資金貸付などの相談に若い女性や大学生なども来ているということで、SNSなどを活用し、情報を必要としている人へたどり着きやすいようにしていきたいとしています。