日テレNEWS
社会
2020年10月15日 17:40

沖縄39人感染確認 1か月半ぶり30人超

沖縄県内で15日、新型コロナウイルスへの感染者が、新たに39人確認されました。一日に確認された新規感染者の数が30人を超えたのは、およそ1か月半ぶりです。

沖縄県によりますと、県内で15日、新たに感染が確認されたのは、10代から90代までの男女あわせて39人です。沖縄県内で一日に確認された新規感染者の数は、9月下旬以降、連日10人台から20人台で推移しており、30人を超えたのは、県独自の緊急事態宣言の期間中だった8月30日以来です。

沖縄県の人口10万人当たりの1週間の新規感染者数は14日時点で9.06人で、東京と並んで全国一位でした。

15日に確認された感染者には、クラスターが発生している病院内での感染例が3人含まれていますが、多くは居住地域も感染したとみられる経路もまちまちだということで、県は今後、急激な感染拡大につながる恐れがないか注視する必要があるとしています。