×

国鉄時代にデビュー「キハ28」国内最後の一両がラストラン

2022年11月27日 15:31

国鉄時代にデビューし、全国各地を走り続けた急行列車用のディーゼルカー、「キハ28」。国内最後の一両が27日、千葉県でラストランの日を迎えました。

「キハ28」は急行列車用のディーゼルカーとして、1961年、国鉄時代にデビューしました。

1800両以上が製造され全国各地を走りましたが、その数は年々減り続け、27日、千葉・房総半島のローカル線「いすみ鉄道」を走る国内最後の一両がラストランを迎えました。

鉄道ファン「最近こういう車両がどんどん引退してるので、そこはちょっと寂しいですね」「ラストランで60年近く頑張ってくれてありがとう」

老朽化で部品交換などに多額の費用がかかるため、運行終了が決まったという「キハ28」。

いすみ鉄道は今後、「キハ28」を沿線で保存する考えでクラウドファンディングを行っています。