×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 東京都心も今年一番の暑さに 各地で真夏日 熱中症対策しっかりと

東京都心も今年一番の暑さに 各地で真夏日 熱中症対策しっかりと

2023年6月29日 12:49
東京都心も今年一番の暑さに 各地で真夏日 熱中症対策しっかりと
正午までの最高気温

29日(木)も全国的に気温が高く、各地でかなりの蒸し暑さとなりそうです。特に関東では、熊谷で35℃の猛暑日が予想されるなど厳しい暑さが予想されるほか、東京都心ではすでに今年一番の暑さを記録していて、熱中症への警戒が必要です。

29日(木)は、朝から全国的に気温が高く、西日本を中心に最低気温が25℃を下回らない熱帯夜が続出しました。さらに、西日本から東北南部にかけては日差しが出ている所が多く、各地、午前中からぐんぐん気温が上昇しています。

正午までの最高気温は、徳島県の美馬市穴吹で34.7℃、愛媛県の西条で34.6℃、和歌山県の新宮で34.5℃、静岡で34.0℃など、すでに広い範囲で30℃を超えています。東京都心では、正午ちょうどに32.9℃を観測し、今年一番の暑さを更新しています。

このあと、日中にかけて気温はさらに上がる見込みで、西日本から北日本の広い範囲で30℃以上の真夏日となる見込みです。

特に、日差しの出る時間が長い関東では厳しい暑さが予想され、埼玉県の熊谷では35℃の猛暑日予想。その他、前橋やさいたま、小田原で34℃、東京や横浜で33℃と、今年一番の暑さとなる所もありそうです。

最高気温が33℃を超えると熱中症にかかる人が急増すると言われています。屋内でも暑さを我慢せず、適切にエアコンを使用するとともに、水分や塩分をこまめに補給するなど、熱中症対策を万全におこなってください。