×

突風被害 倒木で下敷きの70代男性死亡 気象庁が調査「竜巻ではない」山梨・富士河口湖町

2024年5月29日 19:37
突風被害 倒木で下敷きの70代男性死亡 気象庁が調査「竜巻ではない」山梨・富士河口湖町

 28日夜、富士河口湖町の住宅街で、車の中にいた70代の男性が倒木の下敷きになり死亡しました。

 気象庁は現地調査の結果、突風は竜巻ではなく、低気圧の影響で風が一時的に強まったものと判断しました。

 消防などによりますと、28日午後7時10分ごろ、富士河口湖町の住宅街で木の下敷きになった車が見つかり、車内にいた70代の男性が死亡しました。

 甲府地方気象台によりますと、木が倒れたとみられる時間帯は現地で強い西風が吹いていて、午後7時6分には5月としては観測史上、最も強い最大瞬間風速28・8mを観測しました。

 現場周辺ではほかにも倒木のほか、物置や屋根瓦が飛ばされる被害が確認されたということです。

隣に住む人は
「私もいったん外に出ようとしたら、ドアを持っていかれるくらい風が強かった。台風でも風はあるが気が倒れたり死者が出るなんて記憶にない。防ぎようがない」

 こうした中、気象庁は29日、突風が発生したとして機動調査班を派遣し、被害現場などの現地調査を行いました。

 その結果、突風は竜巻などではなく、前線を伴った低気圧の通過により、風が一時的に強まったものと判断されました。

 甲府地方気象台では夏にかけて積乱雲が発達し強風が吹く恐れがある場合には、安全な場所に避難するよう呼びかけています。

    山梨放送のニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 突風被害 倒木で下敷きの70代男性死亡 気象庁が調査「竜巻ではない」山梨・富士河口湖町