日テレNEWS
スポーツ
2013年8月8日 15:52

松井秀喜さんも見守る中…高校野球が開幕

 第95回夏の全国高校野球大会が8日、甲子園球場で開幕し、午前9時から開会式が行われた。かつて石川・星稜の選手として甲子園を沸かせた松井秀喜さんも球児の姿を見守った。

 入場行進はファンファーレを合図に始まった。昨年の優勝校・大阪桐蔭を先頭に、晴れの代表校49校が北から南へ堂々の行進を行った。

 選手宣誓は、15人の立候補の中から抽選で決まった北北海道の帯広大谷・杉浦大斗主将が行った。

 「高校生らしくさわやかに、すがすがしいプレーをすることを誓います」

 開会式後、松井さんは高校球児に「練習で培ってきたプレーを、最高の舞台で思いっきりプレーしてほしい。いい思い出をつくって、いい経験をして、次に頑張ってほしい」と熱いメッセージを送った。