×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 38年ぶり2度目の日本一 MVPは打率“4割8分3厘”の近本光司 勝利の瞬間「1人でゆっくりとした時間過ごせた」

38年ぶり2度目の日本一 MVPは打率“4割8分3厘”の近本光司 勝利の瞬間「1人でゆっくりとした時間過ごせた」

2023年11月6日 5:38
38年ぶり2度目の日本一 MVPは打率“4割8分3厘”の近本光司 勝利の瞬間「1人でゆっくりとした時間過ごせた」
MVPに輝いた阪神・近本光司選手(写真:時事)
◇プロ野球日本シリーズ第7戦 阪神7-1オリックス(5日、京セラドーム)

阪神が、オリックスとの“関西ダービー”となった日本シリーズを4勝3敗で制し、38年ぶり2度目の日本一を達成しました。

この日本シリーズでMVPに選ばれたのは、阪神の近本光司選手です。

このシリーズすべて7試合で、3度の猛打賞を含む、29打数14安打で、打率が.483という好成績を残しました。

「短期決戦だったので、初球からシーズンとは違う形で打ちにいけた結果だと思います」近本選手はそう振り返りました。

ゲームセットの瞬間は打球を追いかけ左中間付近で迎えた近本選手。

「みんなマウンドに集まっていて、レフトに1人残されていて、みんなの歓声を聞きながらゆっくりとした時間を過ごせました」

入団5年目でつかんだ栄光の日本一、「最高のシーズンを迎えることができました。ありがとうございます」と集まったファンへ感謝の言葉も忘れませんでした。