×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 阪神が“関西ダービー”制し38年ぶり2度目の日本一 ノイジー2試合連発&4打点 森下は日本シリーズ歴代新人最多7打点

阪神が“関西ダービー”制し38年ぶり2度目の日本一 ノイジー2試合連発&4打点 森下は日本シリーズ歴代新人最多7打点

2023年11月5日 21:45
阪神が“関西ダービー”制し38年ぶり2度目の日本一 ノイジー2試合連発&4打点 森下は日本シリーズ歴代新人最多7打点
38年ぶり2度目の日本一に輝き、胴上げされる阪神・岡田彰布監督(写真:時事)
プロ野球日本シリーズ第7戦 阪神7-1オリックス(5日、京セラドーム)

阪神が、オリックスとの“関西ダービー”となった日本シリーズを4勝3敗で制し、38年ぶり2度目の日本一を達成しました。

3勝3敗で迎えた第7戦。阪神の先発は青柳晃洋投手、オリックスは第2戦で6回無失点の好投を見せた宮城大弥投手がマウンドに上がります。試合は3回まで阪神が1安打、オリックスが2安打の投手戦となります。

4回に試合が動きます。阪神は1アウト1、2塁と先制のチャンスを作ると、打席には第6戦で山本由伸投手からホームランを放ってるノイジー選手。その4球目、低めのチェンジアップをうまく拾い上げると、打球はレフトスタンドへと吸い込まれ、3ランホームランに。阪神に大きな先制点が入ります。

さらに5回、阪神は森下翔太選手の歴代新人最多打点記録(6打点)に並ぶタイムリーヒットで追加点を奪うと、大山悠輔選手、ノイジー選手と3者連続のタイムリーで3点を追加し、5回終了時点で6-0と大きくリードを広げます。

森下選手は9回にもタイムリーを放ち、歴代新人最多打点記録(7打点)単独首位の記録を達成します。

投げては、青柳投手が4回2/3を無失点の投球で先発として試合を作ります。続く2番手・島本浩也投手、3番手・伊藤将司投手も無失点投球を披露し、リリーフ陣もオリックス打線を完璧に封じ込めます。

9回にオリックス・頓宮裕真選手が意地のソロHRを見せますが、最後は岩崎優投手が抑えて試合終了。

阪神は4勝3敗で日本シリーズを制し、1985年以来、38年ぶり2度目の日本一を達成しました。