日テレNEWS
スポーツ
2022年2月22日 22:12

山川穂高 今季初「どすこい」も事前に「山川さん!3番からっす」打順間違い

山川穂高 今季初「どすこい」も事前に「山川さん!3番からっす」打順間違い
7回に思わぬハプニングも、同点ホームランを放った山川穂高選手

◇プロ野球・練習試合西武2―4ソフトバンク(22日、宮崎・宮崎市)

西武の山川穂高選手が22日、ソフトバンクとの練習試合で、今季初、そして“汚名返上”となる2ランホームランを放ちました。

チーム初の対外試合となったこの一戦。山川選手は2点を追う7回、ノーアウト1塁の場面で、田浦文丸投手の高めの変化球を捉え、レフトへ豪快な一発を放ちます。

しかし、実はこの少し前、7回の開始時に“ハプニング”が。

イニングの始まりで、バッターボックスへ向かった4番の山川選手でしたが、直後にベンチから「山川さん、山川さん!(打順)3番からっす」との指摘が。

驚きの表情を浮かべ、すかさず電光掲示板を確認した山川選手。勘違いだと気がついたのか、主審に一礼した後、恥ずかしそうにネクストサークルへ戻りました。

この“珍ハプニング”に笑いでどよめいた会場でしたが、3番打者が出塁し、「今度こそ」回ってきた打席で、山川選手は見事な汚名返上の一発。

ホームイン後には、名物パフォーマンスで今季初となる「どすこい」も飛び出し、再び会場を盛り上げました。

この山川選手の“珍事態”に、SNS上では、「ナイスホームラン!打順間違えたけど(笑)」などと話題を呼んでいます。