×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 正捕手は譲らへん!“梅ちゃんバズーカ”さく裂で3塁ランナー刺す阪神・梅野が攻守で存在感

正捕手は譲らへん!“梅ちゃんバズーカ”さく裂で3塁ランナー刺す阪神・梅野が攻守で存在感

2022年3月8日 14:51
正捕手は譲らへん!“梅ちゃんバズーカ”さく裂で3塁ランナー刺す阪神・梅野が攻守で存在感
強肩でピンチを防いだ阪神の梅野隆太郎選手

◇プロ野球オープン戦・阪神vs広島(8日、甲子園)

阪神・梅野隆太郎選手が自慢の強肩でチームのピンチを救いました。

3回表、1死2、3塁で打席には広島の3番の西川龍馬選手。すると3球目、3塁でリードを大きく取っていた大盛穂選手を梅野選手は見逃さず、素早い送球で仕留めました。

その後は2死2塁で、西勇輝投手が西川選手を三振に抑え、無失点で切り抜けました。

梅野選手のファインプレーにSNSでファンは「送球の正確さとスピードやばっ!」、「梅ちゃんさすが!すごすぎて思わず声が出た!」と称賛の声が集まりました。

さらに4回裏、梅野選手は追加点となるタイムリーツーベースヒットを放ち、攻守で存在感をみせました。昨シーズンは同ポジションの坂本誠志郎選手に出場機会を奪われることもありましたが、今年は虎の正捕手を再び奪えるか注目が集まります。