日テレNEWS
スポーツ
2022年6月2日 22:31

「僕らしい汚いヒット」阪神・糸原健斗 試合を決めるダメ押しタイムリー含む3安打の猛打賞

「僕らしい汚いヒット」阪神・糸原健斗 試合を決めるダメ押しタイムリー含む3安打の猛打賞
3安打猛打賞の阪神・糸原健斗選手

◇プロ野球セ・パ交流戦 阪神6-1西武(2日、甲子園球場)

阪神は2点差に迫られた7回に、1アウト2、3塁のチャンスに糸原健斗選手。西武・宮川哲投手のフォークに食らいつき、しぶとくライト前へ。この日3安打目は勝利を決定づける2点タイムリー。

阪神は17安打で6得点を奪い勝利。交流戦は2カード連続の勝ち越しです。

◇以下、糸原選手のヒーローインタビュー

――7回の裏、前の大山悠輔選手が送りバントを決めてのチャンス、どんな意識でしたか?

「前の大山がしっかり送ってくれたのでなんとしてでも打とうという気持ちだけで打ちました」

――打球が一塁線を抜けたときの気持ちは?

「僕らしい汚いヒットでよかったかなと思います」

――今日で10試合連続安打、自身の状態は?

「3月、4月苦しくても『頑張れ、頑張れ』と応援してくれたファンのために、それだけを思っていつも臨んでいるのでそれが秘訣(ひけつ)かなと思います」

――チームも2カード連続の勝ち越し、勢いに乗れそうですか?

「明日からBIGBOSSが来るということでしっかり圧倒されないように頑張ります」

――明日からの日本ハム戦に向けての意気込みは?

「いつも応援ありがとうございます。明日からも頑張るので応援よろしくお願いします」