×

ソフトバンクが3つの押し出しなどでオリックスに敗戦 打線は5回・8回の好機生かせず 4戦連発中の柳田悠岐は4の0

2022年10月12日 21:19
ソフトバンクが3つの押し出しなどでオリックスに敗戦 打線は5回・8回の好機生かせず 4戦連発中の柳田悠岐は4の0
ソフトバンク・藤本博史監督
プロ野球パ・リーグ クライマックスシリーズFinalステージ オリックス5ー0ソフトバンク(12日、京セラドーム)

ソフトバンクがオリックスとの初戦に敗れ、オリックスのアドバンテージを含め0勝2敗となりました。

ソフトバンク先発の石川柊太投手は両チーム無得点で迎えた4回、ヒットと2つのフォアボールで2アウト満塁のピンチを招き、ここでオリックス杉本裕太郎選手に押し出しのフォアボールを与え、先制を許します。

援護したい打線は5回にオリックス先発・山本由伸投手から1アウト3塁2塁のチャンスを作りますが柳町達選手・甲斐拓也選手が連続三振に倒れ、得点を奪えません。

すると直後の5回裏、2番手・大関友久投手が2アウト満塁からまさかの連続押し出しフォアボール。さらに3番手・泉圭輔投手も杉本選手にタイムリーを浴び、リードを4点に広げられます。

点差を5点に広げられた8回、2アウトながら3塁2塁のチャンスを作りますが、ここも周東佑京選手が山本投手の前に空振り三振。

山本投手に8回5安打無得点に抑え込まれたソフトバンク、ここまで4戦連発中だった4番・柳田悠岐選手も4打数無安打に抑え込まれて5-0で敗戦。クライマックスシリーズファイナルステージ初戦を落としました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ソフトバンクが3つの押し出しなどでオリックスに敗戦 打線は5回・8回の好機生かせず 4戦連発中の柳田悠岐は4の0