日テレNEWS
スポーツ
2022年5月11日 19:49

中日・高橋周平がまさかの落球 先発・岡野祐一郎は動じず抑える ファンは「周平らしくない」

中日・高橋周平がまさかの落球 先発・岡野祐一郎は動じず抑える ファンは「周平らしくない」
守備でファールフライを落球した中日・高橋周平選手

◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-中日(11日、神宮球場)

ゴールデン・グラブ賞を2度獲得している中日の高橋周平選手が守備でファウルフライを落球。まさかの落球に、SNSではファンからは厳しい声が上げられています。

中日は1点を先制し迎えた3回、ヤクルト打線に出塁を許し、2アウト1、2塁のピンチを迎えます。

この場面で、打席にはヤクルト・太田賢吾選手。太田選手は中日の先発・岡野祐一郎投手の初球に対し、思い切りバットを振ると、打球は3塁側ファウルグラウンド上に高く上がります。

打ち取ったかに思われましたが、この打球を高橋選手が落球。しかし、岡野投手が落ち着いた投球を見せ、ピンチをしのぎました。

球場では思わずファンが驚きの声をもらしました。SNSでも「周平の落球、あれはいかん」「フライ落球なんて周平らしくない」と厳しい声が上げられています。