×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ヤクルト小川泰弘 バント失敗で併殺 ファンは「バントできて当たり前と思われがち」

ヤクルト小川泰弘 バント失敗で併殺 ファンは「バントできて当たり前と思われがち」

2022年5月10日 20:17
ヤクルト小川泰弘 バント失敗で併殺 ファンは「バントできて当たり前と思われがち」
バント失敗で併殺となったヤクルト・小川泰弘投手
◇プロ野球セ・リーグ ヤクルト-中日(10日、神宮球場)

ヤクルトは5回、先発・小川泰弘投手がバント失敗。ダブルプレーとなり、チャンスを生かせませんでした。

5回、1アウト1塁のチャンスで打席が回ってくると、小川投手はバントの構え。

しかし、当てたボールは中日・高橋周平選手が素早く拾い、2塁へ送球。打った小川投手は1塁へ猛ダッシュをみせるも判定はアウト。ダブルプレーとなりました。

このダブルプレーに、ファンはSNSで「(高橋)周平が上手かった」「バントできて当たり前と思われがちやけど、難しいよね」「バント上手い投手は自分の勝ちに繋がるから小川も頑張って欲しい」など、小川投手を応援する声が上がっています。