日テレNEWS
スポーツ
2022年7月10日 16:50

「中崎劇場、無事閉幕」1点を追う場面で登板した中崎 1死3塁のピンチ作るも得点許さず

「中崎劇場、無事閉幕」1点を追う場面で登板した中崎 1死3塁のピンチ作るも得点許さず
1死3塁のピンチを背負うも無失点に抑えた、広島・中崎翔太投手

◇プロ野球セ・リーグ 中日-広島(10日、バンテリンドーム)

広島は、1点を追う7回。中崎翔太投手が1死3塁のピンチを背負いますが、2者連続三振に打ち取りピンチを脱しました。

中崎投手はこの回、中日の先頭高橋周平選手にツーベースヒットを許すと、犠牲バントで1アウト3塁のピンチとなります。

それでも代打の溝脇隼人選手を空振り三振。
さらに、こちらも代打の渡辺勝選手からも空振り三振に抑えました。

なんとか得点を許さなかった中崎投手に、SNSでは「中崎劇場、無事閉幕」「中崎復活~」といった声があがっています。